思い出


恋愛は、自分勝手。
好きになるのも。
何かあげたくなるのも。

喜んで欲しいのはホントだけど、
それより、こっちを見て欲しくて。

気持ちは上手く伝えられなくて、
その代わりに、
物をあげたり、
言葉をあげたり、
したくなるけど、

それも結局、好きになって欲しいから。

その場限りの優しさは、
嬉しいけど、残酷。

私たちに未来が無いなら、
いっそ冷たくして欲しいと…
思えたら楽かもしれない。

無理やり引っ張って、こっちに来てもらうのでは意味が無くて、
平身低頭お願いして、一緒にいてもらっても、それも違うし、

どうしたらいいのか、わからない。
どれくらいのワガママを許してもらえるほどの仲なのか、わからない。

ある程度仲良くなった間柄で、
少しくらいイメチェンしようが、
押すのをやめて引いてみようが、
今さら…それもあまり、効果はなさそう。

一人でどれだけ焦っていても、
寂しさにがんじがらめになっていても、
相手には何も伝わっていないことは、わかってる。

そういう面を、今は、伝えてはいけないことも。

すぐに答えを出したくなるのは、私の悪い癖だと思う。

だけど、保留は辛くて。
きっと、ダメなものはダメなんだろう。
どれだけ仲良くしていても、恋愛にならない間柄っていうのは、存在するんだろう。

未練はそろそろ、清算しないといけないのかもしれない。